ご紹介するアボリジニアート作品について

ご紹介する作品はすべてオーストラリア中央砂漠のアボリジニ居住区で制作をされたオリジナルのものです。

地域はアリススプリングスより西に550キロのキント-地方、同じく西に350キロのマウント・リービック地方、また北東に240キロのユトーピア地方となり、それぞれピンタピ族・ルリチャ族・アマチャラ族の画家たちによってプロデュースされたものを実際に現場まで足を運び一点ずつ購入してきました。

もともと「読む」「書く」といった文字を持たなかったアボリジニにとって「絵を描くこと」は過酷な自然条件である砂漠で“生きるため”の知恵や情報、または先祖から伝承されてきた神話、そしてかけがいのない大地と自分とのつながりについての確認などを次の世代に確実に伝達するための大切な手段です。
1971年にアクリル絵の具とキャンバスが彼等に紹介されるまでは大地の上に砂絵として、また自分たちの身体の上にボディペイントとして描いてきました。

一般に“アボリジナルアート”といってもこの広大なオーストラリアの異なった地域に住む、異なった言語集団、異なった作品のストーリーを所有する彼等の芸術スタイルは実に様々。ここではすべて中央砂漠の点描画を中心にご紹介いたします。

ご購入をご希望の方は作品の解説など詳しい情報をお送りいたしますので、その旨をお問合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

作品にはすべて保証書をお付けいたします。また、梱包や郵送も承ります。
日本国内では入手不可能である豪州先住民のオリジナル絵画にご興味のある方はぜひご一報ください。

皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。