ブッシュ・メディスン Bush Medecine

アビー・ロイ
Abie Loy Kamarre

1972年生まれ。作者の家族にはインターナショナルで活躍するキャサリン・ペチャラやグロリア・ペチャラがおり、幼少のころから絵画が描かれている環境にいたことから9歳になったころにはすでに自分も画家になりたいと希望していたという。今後、アボリジニアート界において大いに期待をされている人気女性画家だ。

これまでにグループ展・個展において国内はもとよりアメリカ・アイルランドなどへもそれぞれ出展されている。

年間を通して雨の最も少ないオーストラリアの中央砂漠ではあるが、雨季のあとには実に様々な色とりどりの花が大地一杯に咲き乱れ砂漠一面を美しく彩る。アボリジニの人々はそれらの中から病に効く薬草を探し出しあらゆる病気も野生のものだけで治したといわれている。

作品はそんな大地の表情を見事に表現したもので、これまで自然と一体になって広大なオーストラリア大陸で長い間暮らしてきたアボリジニの人々は「大地(カントリー)は常に笑ったり、泣いたり、怒ったりして我々にたくさんのシグナルを与えてくれている。それらを決して見逃してはならないのだ」と常に大地の声に忠実に誠実に耳を傾けているのである。