ヤム芋の種のドリーミング Bush Yam Potato Dreaming

アナ・ペチャラ
Anna Peryarre

1965年ごろユトーピアにて生まれる。アボリジニアート界の巨匠であるエミリー・ウングワレーの実の姪である作者は自分の故郷であるユトーピア(豪州中央砂漠・アリススプリングス北東240キロ)に住むアマチャラ言語集団の女性たちが儀式の際に自分たちの身体に描くボディ・ペイントをこの作品は主題としている。アボリジニの女性の儀礼をではそれぞれの身体に絵を描き、祖先から伝承される歌をうたい踊りを舞う。それに伴い年配者は若者たちに自分たちが属する祖先のグループがどのような社会的役割を担うのかを教育し、また世界存立の神聖なストーリーを次の若い世代へと伝えていく。

こうした伝承とともに若者たちは自分たちの祖先のグループのデザインを今度は自分自身のデザインとして確実に受け継ぎ、大地とのコネクションを再認識しながらそれを自分のストーリーとして描くことを許されるのである。個人コレクターはいまやUSA、シンガポール、アイルランド、インド、ポーランド、デンマーク、フランス、日本に存在する人気作家だ。

コレクション:
南オーストラリア州立美術館
西オーストラリア州立美術館
クイーンズランド州立美術館