マイカントリー My Country

エミリー・ウングワレー

1910年ごろアリススプリングスの北東にあるアボリジニ居住区、ユトーピア地域に生まれる。

今日ではもはやオーストラリアを代表するアボリジニ画家として知られ、国内はもとより世界中のメジャーな美術館、またアートコレクターたちより非常に高い評価を受けている。オーストラリア先住民アボリジニであり、砂漠で生涯を送った作者が初めて作品を発表したのは70代後半、1988年であった。

以後、86歳で生涯を閉じるまでの8年間に次々と図柄や手法を変え、およそ3000点以上もの作品を残したというまさに彗星のごとく現れた驚くべき人物である。エミリーは極めてモダンな、美しく自由で革新的な芸術を創造し、20世紀が生んだもっとも偉大な抽象画家のひとりと言われている。

1996年9月に他界。その翌年の1997年、ベネチア・ビエンナーレ美術展にはオーストラリアの代表画家として特別出品され、世界的にも高い評価を得たことで多くのアートファンたちを魅了し、唸らせた。この美術展がきっかけとなり2008年に過去最大規模となった回顧展「アボリジニが生んだ天才画家・エミリー ウングワレー展」が大阪と東京で開催されたと言っても過言ではないだろう。当時日本で無名だった、先住民女性画家の展覧会に述べ12万人以上の入場者数を記録したことはオーストラリア国内で大きな話題となり連日ニュースで報道された。

作者の個性的な技法である大きなドット《点描》を何層にも重ねるスタイルは非常にパワフルで尚且つエネルギッシュでありながらも、優雅で華やか。観る側の心を大きく揺さぶる力がある。

そんな彼女の作品が2007年、オーストラリアで行われたアートオークションで1ミリオンオーストラリアドル(日本円でおよそ1億円)で落札されたことは大きな話題になった。オーストラリアの女性画家としては最高額でいまだにこの記録は破られていない。