ボディ・ペイント Body Paint

エミリー・プーラ
Emily Pwerle

1922年ごろユトーピアにて生まれる。この作品には今日のアボリジ二アートとして認められている点描や記号的な要素を排除していながらも「アボリジニの本質的なもの」を確実に表現しておりオーストラリア中央砂漠の芸術と

国際的な現代アートとの間の完全な架け橋になっているといわれている。

2004年後半に最も近しい親族である画家のバーバラ・ウィアに絵画制作を促されたのがきっかけとなり、それ以後は彼女の斬新でエネルギッシュな筆づかいと独創的な構図に幅広い年齢層のファンが定着した。

 

アボリジニの女性の儀礼をではそれぞれの身体に絵を描き、祖先から伝承される歌をうたい踊りを舞う。それに伴い年配者は若者たちに自分たちが属する祖先のグループがどのような社会的役割を担うのか、また世界存立の神聖なストーリーについて次の世代へと伝えていく。