ブッシュタッカー・ドリーミング Bush Tucker Dreaming

ガブリエラ・ポッサム
Gabriella Possum

1967年生まれ。父親がアボリジナルアート界の巨匠であるクリフォード・ポッサムであることから作者は幼少の頃より父から絵画を学び、1986年にアリススプリングス芸術賞の大賞を受賞。そのほかにもCDジャケットのカバーやTシャツ・旅行ポスターなど様々な媒体へ作品のイメージが起用されるなど注目度の高い女性画家である。

この作品は砂漠でアボリジナルの女性たちが食物採集をしている様子を描いており、広大な乾燥地でありながらも彼らは確実に何がどこにあり、それをいつどれだけ採れば良いのかということを熟知している。

そしてその大事な教えを親から子へと歌や踊り・そして絵を描いて伝承をしていく。(アボリジナルの人々は文字を持たない無文字社会)

馬蹄形をした図案は狩をする女性たちを表し、クーラモンと呼ばれる楕円形の木の皿にそれらを入れて家へ運んで帰っていく。

常に気温が40度を超える炎天下であり、水一滴ない過酷な環境であるはずのオーストラリア中央砂漠で5万年も生き延びたアボリジニナルの人々はそんな自分たちのカントリーを「豊穣な大地」と言って慈しみ敬う。