ワイルドピジョンドリーミング Wild Pigeon Dreaming

ハロルド・パイン

最近人気を高めているアボリジニ男性作家の一人で、女性画家の活躍が目立つユトーピアコミュニティではひときわ稀な存在である。コミュニティ内のアートアドバイザーたちの精力的なプロモーションもあり、近年では豪州国内においてグループ展などへ数多く出展されるようになった。

農耕も行わず、家畜も飼わなかったアボリジニの人々は当然ながらオーストラリアの中央砂漠で野生のものだけを採集しながら5万年もの間を生き長らえてきた。ワイルド・ピジョンは野鳥の一種で彼らの大事な食料でもある。

作品はその野鳥が水場を(作品中央に描かれている同心円)を探し求めながらカントリーを移動している様子を描き、アボリジニの人々がその野鳥の足跡をくまなく追跡することで同時に水場のありかも突き止められるというまさに一石二鳥の大自然で生きるための見事なバイブルだ。