ブッシュメディスン Bush Medecine

ジャネット・ゴールダー

作者ジャネットは1973年に豪州中央砂漠のユトーピアというアボリジニ居住区で生まれいまや期待のアボリジナル若手女性画家の一人である。

彼女の親族の中にはすでに名を上げた画家たちが多く存在していたことから常に美術への関心は高かったと言われている。

独創的な色使いとその画法には多くの注目を集めART LOVERたちからの評価は非常に高い。

この作品は乾燥した砂漠の大地においての薬草をモチーフにしているという。砂漠に生息する数千種類もある草花からアボリジニの女性たちは薬に適するものを的確に収集し、それらを薬として常備する。

薬は万能薬といわれ、特に切り傷ややけどなどに効果があるそうだ。