ボディ・ペイント Body Paint

ジェニー・ペチャラ
Jeannie Petyarre

作者ジェニー1956年に豪州中央砂漠のユトーピアというアボリジニ居住区で生まれ、彼女の家族にはすでに国内はもとより海外でも大きな注目を浴びている女性画家、グロリア・ペチャラやキャサリーン・ペチャラなどがいることから、幼少の頃から常に美術への興味は強かったと言われている。

ジェニーが画家として精力的に活動を始めたのは1980年後半頃でありユトーピアの女性画家の中では比較的早い時期からアーティストとして様々なアートプロジェクトに参加をしている。

独創的な画法には周りから多くの注目を瞬く間に集め、美術愛好者たちからの評価は非常に高い。

モノトーンで描かれたこの作品は遥か太古から伝承されてきたアボリジニ古来のデザインであり女性たちの儀式が行われる際に身体にペイントされるものである。

アボリジニが生んだ天才画家・エミリーウングワレーの実の姪である彼女は、2008年に国立新美術館で行われた展示会開会式へオフィシャルゲストとして招かれる予定であったが、出生記録がなかったことからパスポートが間に合わず来日を見送ることに。しかしながら、作者は飛行機にこれまで乗ったことがなく、実は行けなくなってほっとしていたというエピソードがある。

展示会情報

内田真弓プロデュース
オーストラリア・アボリジナルアート展

2020年2月12日(水)〜18日(火)
伊勢丹新宿店本館 6階ギャラリー

イベント詳細

最新情報はTwitterFacebookでお知らせ致します。