母の大地 My Mother's Country

ジョーシ―・パトリック
Joseph Patrick

作者は1953年生まれ、ユトーピアの女性画家として1990年代後半から絵画制作に励んでいたという。アーティストとしてのキャリアは比較的長いほうである。

まるで宇宙界をも思い起こさせる美しく細やかな点描は乾燥した砂漠地帯に生
息する命宿す全ての生物を表しているのだという。
まさに「母なる大地」そのものなのである。

細やかなドット手法が人気であり今やオーストラリア国内はもとより、インタ
ーナショナルでのコレクターが世界各地に数多く存在する。
作者が絵画を描くということは大地と自分が常に関わり合っていることを確認
するための表現であり、これこそ遥か太古から伝承されてきた祖先からのメッ
セージをいまだに大切に守り続けるためアボリジニの女性たちが重要な儀式を
行っているのと同じなのだと誇らしげにいう。

コレクション:ビクトリア州立美術館