ボディ・ペイント Body Paint

ジョセフィン・ナンガラ

オーストラリア中央砂漠、キントーコミュニティ(政府認定のアボリジニ居住区)の北部を何人ものアボリジニの女性たちが水と食料を求めて旅をし、そこで水をもたらすための大地へ祈る儀式を行った際に身体に描いた模様の図案である。

夏場には地上気温が50度近くも上がる厳しい暑さの中、水場だと思ってやっとたどり着いた場所には一滴の水がなく、喉が渇ききっていた女性たちはナラナラ(土彫り棒)を地面の奥深くに差込み、全員で大地の神々に「どうか水をもたらしてくれるように」と熱心に歌と踊りを続けたという。

すると、いつしかみるみると大地が潤ってきて周りにうっそうと生い茂っていた木々にも“プラ”と呼ばれるブッシュトマトの実が次々になりはじめ、全員危機をまぬがれることができたという祖先から語り継がれている物語(創世神話)である。