マイ・カントリー My Country

ラザラス・リリアス・チャンガラ
Lazarus Lilias Tjangala

この作品は作者の出身地であるオーストラリア中央砂漠のキントー・コミュニティから西オーストラリアへ成人儀礼を通過した男たちが旅をした行程を表しているという。

作品の図案には旅の途中で狩猟したトカゲの足跡と、そのトカゲを仕留めるために使用した「ナラナラ」と呼ばれる長い棒が記されている。

ドリーミングというアボリジニ特有の概念は実に多種多様な解説があり、いまだに確実には定義づけはされていないが、遥か何万年もの太古から彼らが大切に守って伝承し続けてきた概念・哲学はアウトサイダーたちには到底理解できないことは確かだ。

 

アボリジニ社会で女性画家が注目される中、今後が期待される若手男性作家の一人であることは間違いない。