女性の儀礼 Women's Ceremony

リナ・プーラ
Lena Pwerle

1934年生まれの女性画家。

80歳を超えた高齢であるにも関わらず絵画制作をこよなく愛し、楽しむアーティストである。

絵画を手がける以前には、バティークと呼ばれるろうけつ染めを学部ためにオーストラリア政府からの援助もあったことから海外(インドネシア)へプロジェクトメンバーの一員として派遣されたこともある。

この作品は、テーマでもある儀礼の最中に、乾燥した大地への雨乞いのための歌を唄いながら二人のアボリジニ女性が踊りを踊っていたところ、突然雷を伴う大きな嵐に巻き込まれ、周りはたちまち洪水となった。

困り果てた二人を見つけた野鳥が地面を掘り始め、寝ていた蛇を起こして助けを求めると、目を覚ました蛇が特殊な踊りを舞った途端、その洪水は瞬く間におさまったというストーリーだ。

しかしながら、洪水によってもたらされた水のおかげで植物が成長しその種が地面に落ちてまた新たな命を育むという自然のサイクルも表している。

作品一面に描かれている円心は洪水でできた水たまりを表し、その周りの直線が蛇の舞った跡だという。

 

 

展示会情報

内田真弓プロデュース
オーストラリア・アボリジナルアート展

2019年10月23日(水)〜28日(月)
大阪阪急うめだ本店 9階ギャラリー

2020年2月12日(水)〜18日(火)
伊勢丹新宿店本館 6階ギャラリー

詳細は決まり次第 Webサイト、TwitterFacebookページ でお知らせ致します。