マイカントリー My Country

マヌパ・バトラー

作者の生まれ故郷の広大なる大地とその周辺の水場を表現している。

西側に位置する大きな水場とその周りを囲む砂丘をモチーフにした作品で遥か太古、何人もの女性たちが乾燥したオーストラリアの中央砂漠でこの水場を捜し求めるために旅をしていたという。

旅をしながらそこで歌をうたい、踊りを舞って、神聖なる大地へ水をもたらしてもらうための呼びかけを行った。

作者は、大地と自分との共生こそが自分たちを生かしてくれる源だとアボリジニ古来の哲学を非常に重んじている女性のひとりである。

それゆえ、作者は儀礼を通して常に神へ、そして大地へ感謝の意を表しその大地の偉大な力をたたえるために歌と踊りを伴って次の世代にそれらを確実に伝承する役目を担っているのだという。