マイ・カントリー My Country

ミニー・プーラ
Minnie Pwerle

2000年に初めて筆をとった作者はそのときすでに80歳を超えていたという。

ミニー・プーラの作品には今日のアボリジ二アートとして認められている点描や記号的な要素を排除していながらも「アボリジニの本質的なもの」を確実に表現しており、オーストラリア中央砂漠の芸術と国際的な現代アートとの間の完全な架け橋になっているといわれている。

斬新でダイナミックな筆づかいが特徴である作者の作品には幅広い年齢層のファンがおり、各地で展覧会も開催されている。そして近年ではインテリアやリビング雑誌などにも数多く登場し注目度は極めて高い。

 この作品は、作者の故郷であるユトーピア(豪州中央砂漠・アリススプリングス北東240キロ)の大地のいたるところに生息するすべての物を表しているという。

モノトーンでありながらも作者独自のアボリジニ世界観を見事に表す表現方法は自由で大胆、かつ美しく、そして新しい。