マイ・カントリー My Country

ニュラパイ・カイカ・バートン
Nyurpaya Kaika Burton

現在最も注目を集めている女性画家の一人である。アボリジニの女性達が行う重要な儀式では、常に中心となって役割を担う作者の描くテーマは常に「マイ・カントリー=私の故郷」。自らが強い想いを寄せる大地には遥か太古から精霊たちによる様々な物語が存在するという。

幼少のころは家族とともに、大地を移動しながら野生のものだけで生活をしていた。それゆえ、今こそ電化製品が完備する居住区で暮らしながらも毎日好んで狩りへ出掛けていく作者。

自分が生まれ育った故郷をダイナミックに彩り描く筆さばきは多くのファンを魅了し、オーストラリア国内はもとより海外にも多くのコレクターたち彼女の作品に胸を躍らしている。

西洋美術から一番かけ離れた環境で暮らすはずの作者の先天的な美的センスには誰もが目を見張るのは当然のことであろう。今後の活躍が大きく期待される。