ボディペイント Body Paint

ローズマリー・ペチャラ

アボリジニの人々にとって広大な大地は自らを生み出してくれた偉大なる母であり、また死後に自分の魂が再び戻っていく密接な関係を営む特別な場所であると語られている。

世界で最も水の乏しい乾燥した大地だといわれるオーストラリアの中央砂漠ではるか太古から野生のものだけで暮らしてきた先住民アボリジニの人々が持つ知恵や情報は我々文明人からは到底計り知れないことばかりだ。

その知恵や情報は『読む・書く』といった文字文化を持たなかった彼らははるか太古から伝統的な歌や踊り、そして絵画によって次の世代へと伝承されていったのである。

いまでこそキャンパスやアクリル絵の具によって描かれた彼らの絵は『アート』として世界中から注目を集めているが、もともとそれらは大地の上と自分たちの身体の上(ボディ)にのみ描かれていたものだったのだ。

この作品は作者が儀式を行う際に自分の肩、胸元、乳房にそれぞれ描いていたデザインを表しているという。