ワイルドフラワー Wild Flower

サーシャ・ロング

作者は1980年代にユトーピアで生まれ、画家として制作をスタートさせたのは近年になってからだといわれている。

この作品は乾燥したオーストラリア中央砂漠で暮らす人々が病気や怪我をした際に薬として使用する薬草にまつわる物語を表したものだという。それらは特定の植物からのみの採取が可能だといわれている。

アボリジニの人々は砂漠に2000種以上も生息している草や花から薬草となるものを見つける能力を備えており、それらは万能薬として特に切り傷やかゆみ、発疹などの病状によく効くと言われている。

白人が入植をする以前は当然のことながら西洋医学とは無縁の生活だったアボリジニの人々。大地の隅々までくまなく熟知していた彼らだからこそ持ち合わせていた能力だったのだろうと理解できる。躍動感を感じさせる図案と淡く優しい色使いが美しい。

近年は人気も上昇してきている若手作家ゆえ今後の活躍が大いに期待される画家の一人である。