ブッシュメディスン Bush Medicine

セリーナ・ティース・プーラ

作者は1977年生まれ。幼い頃からすでに積極的に絵画制作をしていた親族が周りに数多くいたという環境から自らも絵を描くことにはとても自然なことだと認識しており、また常に興味を抱いていたという。

グループ展で出展を始めたのは2007年からで、斬新な色使いとユニークな画法が特に若い世代から支持され、最近ではオーストラリア国内のインテリア雑誌などにもしばしば登場する人気ぶりだ。国内でのファン層は厚く、現在は海外にもコレクターが多々存在するほど人気はうなぎ上りだ。

物質文明とはもっともかけ離れた環境で、はるか5万年前の太古から野生で得られるものだけで生き延びてきたアボリジニの人々。

彼らはいかに自分たちが大地と共存して生きるかという教えを何世代も前から受け継ぎ、それらを次の世代へと確実に伝承してきたのだ。その教えこそが、彼らにとって「大地」を守り抜くためのかけがえのない教育となるのだろう。