マイカントリー My Country

タタリー・ナパルラ

1955年生まれ。1990年代半ばにアボリジナルアート界において女性たちの絵画活動が行われた際の第1世代目に活躍したベテラン女性画家である。これまでにもオーストラリア国内外を問わず数々の展覧会に出展をされ多くのファンを魅了した。

アメリカでは美術オークションにも何度か出展され、大型作品が高額で落札されたというニュースが話題となった。

中央部分にいくつも見られるの同心円はそれぞれ女性たちの儀礼が行われるキャンプ地《集合場所》を表しその周りの馬蹄型“U”は儀礼に参加している女性とその子供達を表している。女性の儀礼には男性は一切立ち入ることは許されない。そこには許された人間が、許された場所で世界の成り立ちにまつわる祖先からの壮大な物語を歌や踊り・そして絵画を描いて学ぶ特別な時間なのである。

それゆえアボリジニ以外のアウトサイダー達に公開はされることは一切ない。