マイ・カントリー My Country

トリーザ・プーラ
Teresa Pwerle

1963年に、オーストラリア北部・ダーウィンにて生まれる。

アボリジニアート界では国内外において著名な画家であるバーバラ・ウィアを実の母に持つ作者は、幼いころから母親の傍で絵画制作にいつも見入っていたという。そしてあるとき母親から突然キャンバスを手渡されたのを機に自ら絵を描き始めたそうだ。

自分の故郷であるユトーピア(豪州中央砂漠・アリススプリングス北東240キロ)の大地そのものをこの作品の主題としている。

 作者をはじめ、アボリジニの人々は大地といかにうまく関わって生きて行くのかを幼い頃から歌や踊りで先代から学んでいく。その学び取ったものが自分のストーリーとなり、描くことを許されるのである。

2008年、東京新国立美術館で開催されたエミリー・ウングワレ―展の開会式出席のため母親と一緒に初来日。1週間の日本滞在を大いに満喫した。

 いまや国内外にコレクターも存在するほどの人気ぶりだが、細やかな点描をとても丁寧に描く作者ゆえ、作品が出来上がるまでかなりの時間を要する。そのため、今回の作品はなかなか市場では見ることのない貴重な1点であることは間違いない。

オーストラリア国会議事堂では作者のデザインが広場のモザイクに使用されている。