オーストラリア大陸・そしてその自然を5万年も守り続けてきた最初の住人、アボリジニは、現在こそ文明化した生活を送ってはいますがその中においても太古からの伝統的な慣習を歌や踊り・そして絵画としていまだ確実に次の世代へ伝承をしています。

遥か昔、彼らは私達現代人が溢れるほどに持っている加工されたものを一切必要とせず、あの広大なオーストラリアの大地を地図も手帳もコンパスも何も持たずに自由自在に歩き回っていた狩猟採集民族でした。
それでも必要であればいかなる状況においても水や食料のありかを確実に見つけ出す能力を持っており、これまで何万年にもわたって自然環境と共存して生きてきた彼らのライフスタイルは我々現代人の常識には計り知れないことばかりです。

アボリジニには『読む』『書く』といった文字がありません。そのために絵を描くことは彼らにとって何よりもコミュニケーションを取るための大事な手段でした。
厳しい自然条件である砂漠の中で生き抜くための知恵や情報・記録・掟などを彼らは“絵”という手段を使ってあらゆる伝達を行ってきたのです。

現代社会の私たちは西洋的な近代的価値観に基づいて暮らしていますが、これとは全く異なった世界観を持ち、それを美術作品で表現しているのが“オーストラリア先住民のアボリジニアート”といえるでしょう。

アボリジニアートは大まかに下記の4つに分別されると認知されています。

  1. 豪州北部・アーネムランド → 樹皮画
  2. 豪州中央・西砂漠地帯 → アクリル画
  3. その他豪州北部準州 → 工芸品
  4. 豪州都市部〔南東部〕 → 現代美術

もともと600以上もの言語集団があったといわれるアボリジニは広大なオーストラリア大陸のそれぞれの地域で異なった文化を保持していました。
それゆえ、アボリジニアートには実に様々な種類があるということがよくわかります。

私の専門は中央砂漠に住むアボリジニ達が描くアクリル画で、細かい点描で表現される画法は現在“ドットペインティング”として認識をされています。

自然条件のとても厳しい砂漠地帯で暮らすアボリジニは遥か長い間“生きるための情報”としてもともとは大地の上に天然の粘土を使い“砂絵”として、また身体の上に“ボディペイント”として描いてきました。
それが、1971年にイギリス人の若手美術教師ジェフリー・バーデンの指導によってパパニア地方《アリススプリングスより北西270キロ》で初めて現代的な素材が使われるようになり現在ではキャンパス地にアクリル絵の具でドットペインティングと呼ばれる点描で描かれるのが主流となりました。

アボリジニアートは一見、点描〔ドット〕と不思議な記号だけにしか見えない抽象的な美術のようですがアボリジニ達にとってはそれらが“文字”に代わる具体的なストーリー性を持ち、まるで絵文字に由来する地図や情報であったりもするのです。

この自由な色使いやそのユニークで斬新なアートであるドットペインティングが今や現代風伝統芸術としてオーストラリア国内はもとより海外からも特に大きな注目をされてきています。

アボリジニアートはまさに大地から生まれたアートです。

“ドリーミング”といわれる彼らの先祖の時代の天地創造にまつわる神話や伝説は神聖なる儀式の中でこれまで何万年もの間、大地に描き示されることにより部族の秘密を守りつつ次の世代へと今後も確実に継承し続けられているのです。